西欧駅前自動車図鑑'91


アテネの街は、“ちょっと古い”人種もとい自動車のルツボだった。
さて、この中には何ヶ国のクルマがいるんでしょう? 1991.2/R35S, TX(D76,1:1)


本的に不精者の私は、“言葉”と“予約”のカベが立ちはだかる海外旅行というものに行ったことがほとんどない。その数少ない経験のひとつが、いわゆる卒業旅行として行った欧州めぐりである。
 時は1991年の冬。友人たちの誘いもあって、西欧の主要観光都市を一巡する他愛のない学生むけパック・ツアーに行くことにした。
 ところが、折りしも湾岸戦争が勃発。その影響で欧州各地でも頻繁にテロ事件が発生、おかげで海外旅行の自粛ムードが高まり、友人たちはツアーをキャンセルしてしまう。
 残された私は一人、まあなるようになるさ、とそのまま単身ツアーに参加。そして現地では、自由行動日ともなれば観光地には目もくれず、カメラを片手にひたすら街中を歩き回ったのだった。
 もちろん汽車電車の写真も撮ったけれど、もうひとつの主眼は“クルマ”。シトロエンをはじめとする、愛すべきラテン産自動車の本場での飾らぬ姿を、フィルムに、そして我が眼に焼き付けんがために…。
 ここでは、そのときに撮り溜めた、気になるクルマたち(シトロエンが中心ではあるが^^;)の姿を、存分にご覧いただこう。
 
 

 

<以下、建造中です。しばらくお待ち下さい>
 

◆アテネ  ◆ローマ/フィレンツェ

◆ハイデルベルグ他  ◆マドリッド/ロンドン  ◆パリ
 



 

◆輜重課表紙へ

◆作業部表紙へ