Nr.33   2002.2/17〜2/23
0

▲「ミカドだったらD51よりD50、D50よりK-27だよな」…と普段は思っているバチ当たり?な私ですが、
カマの形式はさておいても、こういうシーンを目にするとついつい頬も緩もうというものです。
イベント運転で水上にやってきたD51が、折り返しの間しばしの休息。おおぜいのファンの見守る中、
やや照れくささを滲ませながらも、黙々とアシュピットの整理にいそしむ男たちがいました。
JR上越線 水上 2000.1.8  F-1  200mm

◆もどる  ◆つぎへ

◆表紙画像過去ログ倉庫 表紙へ