Nr.38   2002.3/30〜4/11
0
▲今年東京では異様に開花の早かった桜だが、例年この季節はなんだかんだと忙しいこともあり、鉄道と桜の組合せの写真はあまり撮っているほうではない。
そんな中で、めずらしく毎年足を運んでいたのが、池上線の石川台の切り通しであった。大好きなデハ3450形の顔がある五反田側の先頭は終日逆光なので、なかなか満足のいく写真は撮れなかったが、うららかな陽射しの中、手作りの運用表とにらめっこしながら、ああでもないこうでもないと線路ギワを徘徊していたのは、今にしてみれば楽しい思い出である。
しかし、御多聞に漏れずというか、緑色の旧型車どもが消えてからは足が向かなくなってかれこれ十年以上経つのであった。 
東京急行電鉄池上線 デハ3452他3連 石川台  1987.4.5  SPF  28mm  KR

◆もどる  ◆つぎへ

◆表紙画像過去ログ倉庫 表紙へ