Nr.44   2002.6/7〜23
0

▲井川線でKATOの8t機・DB1形が本線列車の先頭に立っていたのは、もうふた昔近く前の話。私もあいにくその時代は目にしていない。
しか〜し!上の写真はつい数週間前の撮影だったりするのデス(@o@)。
じつはこれ、『DBファンクラブ』と称するファンの集まりが企画したチャーター列車。DB9号機がトキとスハフ各1輛を連ね、定期列車の合間を縫いつつ本線を走行し、同乗の参加者は沿線折々の場所でフォトランバイを楽しめるという、まさにファンのための粋な趣向だ。
今回が昨年春につづき2回目の開催だそうだが、私も縁あって2日間の日程のうち後半1日に参加させていただくことができた。
撮影を楽しめたのもさることながら、今となっては生きる化石に等しい、機械式ミッションの鋳物台枠機の矍鑠たる“走り”を心ゆくまで堪能できたのは何にもまさる悦びであった。
幹事役&同行のみなさま、改めてお礼申し上げます<(_ _)>
大井川鉄道井川線 DB9+Cトキ226+スハフ6 井川−閑蔵 2002.5.26  F-1  200mm  PKR    *関連記事日誌にあり

◆もどる  ◆つぎへ

◆表紙画像過去ログ倉庫 表紙へ