Nr.74   2004.6/9〜7/19
0
●四国旅日記 その9

 
四国めぐりの最終日は1月1日。さすがに元日だからということで、屋島寺に初詣と洒落込んだ。
 屋島までの足にはコトデンを選んだが、志度線では残り最後の一編成となった元京急230に当たって欣喜雀躍。しかし初詣といいつつも真の目的は、屋島山上への足・“屋島ケーブル”であった。
 その凝った造りゆえ駅舎ウォッチャーには名高い山上駅々舎を目の当たりにできて感慨もひとしおだったが、裏腹に鉄道そのもの、ひいては屋島山上というス ポット全体のダウナーぶりは相当なもので、マトモに賑わっていたのはドライブウェイ終点に直に面した屋島寺だけ。廃墟と化したホテルの群れを尻目にカワラケ投げなどしつつ、イイ意味で?脱力感満点の新年を味わったのだった。
●かれこれ半年近く(!)引きずってしまった四国旅日記、これにてようやく幕とさせていただきます。長々とお付き合いありがとうございました<(_ _)>

屋島登山鉄道 2004.1.1 QV- R40

 

◆もどる  ◆つぎへ

◆表紙画像過去ログ倉庫 表紙へ