Nr.78   2005.2/20〜4/17
0
▲このたび新しくリンクのご縁をいただいた吉田さん遠森さんは、旧知にしてかつおふたりとも岐阜と縁浅からぬ方でもある。てなことで発作的にギフの写真など引っ張り出してみた。
岐阜市内線では、この新岐阜駅前に限らずマトモな安全地帯のない電停だと、時刻表は電停脇の歩道にこうして設置されている。このときは谷汲線の臨時ダイヤ告知がされていたのだが、普通なら紙をベタっと貼って済ましそうなところを、小なりといえども専用のボードと吊り下げ用のステーがきちんと設えてあるのに変に感心した。この路線にとっては、むかしは谷汲山命日の輸送が重要だったことの証左であろう。いまではブシツケにしかきこえない“精々ご利用下さい”という文言も時代がかっていて味がある。
それにしても、むかし足繁く通った名鉄の600V線区も、あと数ヶ月限りで鬼籍入りかと思うとせつない。廃止間際の騒ぎは好きでないので、いまさら行くこともないだろうが…

名古屋鉄道岐阜市内線 新岐阜駅前(後方はモ574) 2001.3.18 DC3800

 

◆もどる  ◆つぎへ

◆表紙画像過去ログ倉庫 表紙へ