Nr.82   2005.12/31〜2006.2/9
0
去る12月10〜25日にかけて、三軒茶屋のキャロットタワーで行われた『東急・たまでん物語』と称する催事に関わったため、その間の休日は足しげく三軒茶屋に通うことになったが、その折にいい機会だからと、世田谷線にもカメラ片手に乗り・撮りしてみた。
旧型車がいたころはちょくちょく足を向けていた世田谷線もじつをいうとすっかりご無沙汰していて、まじまじと目にするのは、クルマで環七の若林踏切を通りがかる際を除けば、ここでお目にかけた以来じつに約5年ぶり!その間に駅施設もホーム嵩上げなどの改良が行われたことは知ってはいたけれども、実際に全線通しで乗ってみて、その変貌ぶりには正直舌を巻いた。木造のホーム上屋が残るのはもはや世田谷駅だけになってしまったし、山下駅の小田急と交叉する辺りも、左のように昔を知る者からすればすっかり別の物になってしまっている。しかし、同じ踏切から三茶方面をズームアップした本線の線路端の風情(上)は、以前とさほど変わらないことに少し慰められもしたのだった。

東急世田谷線 山下 上:301F / 下:305F 2005.12.17 R1
 

 

◆もどる  ◆つぎへ

◆表紙画像過去ログ倉庫 表紙へ