Nr.95   2011.3/6〜2012.1/2

約20年ぶりに訪れた加悦SL広場。むろん引っ越してからは初めてであるが、足を踏み入れた刹那、一輛のカマに釘付けになる。大きさも軽便並みといって差し支えない、好ましいポーターのCタンク機。もともとは宝塚ファミリーランドに保存されていたのを2003年に移設したものだそうで、以前の姿は写真でしか見たことがないが、後付のカウキャッチャーやレタリングが加えられたなんとも興ざめな装いであった。しかし加悦にやってきた際にそれらを取り去ったおかげで、本来の魅力を取り戻してくれているのが嬉しい。
調べてみると、わが国で実用に供されたポーター製蒸機の中で、(弁慶号をはじめとする)北炭7100の一党以外ではこれが最後の残存機であり、その意味でも貴重な一台といえる。
H.K.PORTER No.5682 (長門鉄道101→東レ滋賀101→103) 加悦SL広場 2011.2.27 LUMIX G1 14-45mm(モノクロ変換)   
 

◆もどる  ◆つぎへ

◆表紙画像過去ログ倉庫 表紙へ