Nr.97   2013.1/6〜2014.3/22
 
  
 
▲以前弊サイトでご紹介したことのある1台の内燃機関車。いま、主に産業系車輛ファンから注目を浴びているスポット・那珂川清流鉄道保存会に居を移し、レストアが進められている。酒井工作所と加藤 製作所のパーツが組 み合わされた“ポンタ起こし”の機関車で、もともとは埼玉県のとある建設会社で使われ、用済み後も長らく同社で保管されていたものだ。
昨年の秋、那珂川を訪れた際9年ぶりにお目にかかったが、この機体の注目すべき点のひとつ・加藤製作所製のガソリンエンジン(K-1)もそのまま可動状態にすべく作業が進んでいるようで、 仕上がりが待ち遠しい。
馬頭運送(株) 修理工場にて(許可を得て撮影) 2012.11.24 G1
   
 

◆もどる  ◆つぎへ

◆表紙画像過去ログ倉庫 表紙へ