作業部表紙へもどる
2002年2月1日〜3月19日

過去ログ目次へもどる


★2002年3月19日/またまた業務連絡(こればっか)

↓で「繋がらない」と書いた、いねむり店主さんのサイト『煙草屋』ですが
無事復旧したらしいです。新アドレスはリンク集をどうぞ。
なお、ついでではありますが、リンク集をmnxのサーバに移転しました(単にメンテの都合上です)。
万が一ブックマークなどされている方おられましたら、訂正をお願い致します<(_ _)>。

どうでもいいんですけど風邪こきました(T_T)。会社休んで寝ていたら
夕方になってやっと持ち直してきたので、メールチェックと上記のリンク訂正だけしましたが
ブリ返してもなんなので電源落として寝ます。おやすみなさい…


★2002年3月18日

●業務連絡

その1:リンク先・Etopirikaさんのサイト『終わらない旅』が移転されました。リンク集をご参照下さい。

その2:先月仙台から東京へ帰ってきた(^^)いねむり店主さんのサイト『煙草屋』が
現在移転工事中のため繋がりません。本人の引っ越しとは関係なく、プロバイダ内でも
サーバ移転があった関係らしいです。しばらく待ちましょう。

その3:今週末は、
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
表紙更新断念しました<(_ _)>。3/21頃にご期待下さい…?

●不 覚

ふだん仕事では基本的に会社にカンヅメになっているので、
外出とか出張とかにはあまり縁がない私ではありますが、さる金曜日(3/15)、
外勤の同僚に同行してとある得意先に足を運ぶことになりました。
アシは初めて乗る『フレッシュひたち』、そして目的地の最寄駅はなんと石岡
鉾田線なんてひさびさに見るなあ、今はどうなってるのかな?と
仕事そっちのけでワクワクしていたのですが…
好事魔多し、こういうときに限ってデジカメ家に忘れてきてやんの俺。

…嗚呼…しょうがないので(何がしょうがないのか)
↓に行路中目撃したものでも羅列しておきます(~~)。

フレッシュひたち: いまどきの電車特急で14輛も繋がっていて、しかも結構
混んでいるのには妙に感心。座面リクライニングも○。でも乗り心地は悪くはないがナンか安っぽい。
北綾瀬: 緑帯の5000系ってまだいたのね…知らなかった。
馬 橋: 『若葉号』が留置。
松 戸: 見損ねました。
  : 通過中の車窓からは8000なのか5000なのかわからん(*_*)。
取 手: キハ30の2連とキハ0の2連が停車中。しかし、取手を出て
左カーブで別れてゆく架線もポールもない複線はいつ見てもフシギな情景だワな。
佐 貫: 見損ねました。
石 岡: 動いてるのはNDCばっか。キハ431+432が夕ラッシュ用なのか
ホーム脇で待機。元夕張キハと元07は奥の車庫に。
失職した(らしい)茶色のDD13×3は奥の側線でお手々つないで放置。
でも、構内の情景は昔(最後に行ったのは10年近く前だ…)と
基本的に変わっていなかったので安心。キハ431+432はツートン色リバイバル後
初めて見たが、検出立てなのかえらくピカピカだったのが印象的。

商談も無事片づき、石岡で帰りのフレッシュひたちを待つあいだ中、
鉾田線の方を遠い目をして眺めていたもので、同僚S君は私が鉄であることは承知しつつも
チト怪訝そうな顔をしていたのはいうまでもありません(^^;l)
しかし帰りの電車では「石岡から東京に通勤してる人っているんだよな〜」という
話をキッカケに、上野までしがないリーマン住宅談義に
ぶちぶちと花が咲き…しまりのないお出かけは幕とあいなりました。


★2002年3月14日/しつこいようだが年度末はきれーだ

3月です。週末には人事発表です。月末にはフロアの引っ越しもあってめんどくさいです。
在庫減らないです。数字足りないです。納期間に合いません。もうだめです。

…ウワゴトはさておいて、業務連絡をひとつ。
リンク先のRREさんのサイト(My Railway 懐かしの鉄道写真アルバム)が
お引っ越しされました。リンク集をを見てくださいね。

ついでにもひとつ最近の出来事。
自分ちで写真のスキャンをしてるとキリがないので、ためしに一部を外注化してみようと決意しまして、
とりあえず中学・高校時代に撮ったカラーネガ約40本を会社の近所の写真屋に持ちこみました。
前に結婚式の写真のCD-R化を頼んだときは、CD-R1枚に現像済の36枚撮り5本分を
詰めこんで税別6,200円也(フジカラーCD)という値段だったので、
これなら締めて5、6万円台だな、ちょっと値は張るけど、取り上げる鉄道によっちゃ
追加スキャンの必要もないからだいぶ合理化できるゾ、と
ほくそ笑んでいたのですが…いざ店頭で頼む段になってみたら
写真屋のおやじ曰く、「アンタの持ってきたネガは10年以上前の旧タイプだから
フジでは受けつけてくれない。なので、コダックのフォトCDサービス(書込み料100円/コマ、
CD-R1枚に100カットまで)に出さざるを得ない」と…
ちょっと待て、それじゃ10ン万円になっちまうじゃねえの!(@o@;)
なんでもフジの場合、ラボ純正のネガシート(白い注文書込み欄のあるやつ)に
入っていないだけでも受付拒否されるケースがあるとか。
仕方なく建造作業中の某鉄道の写っているフィルムだけ厳選し、10本ほどに
絞って注文しましたが…CD1枚に100カットまでというと、36枚撮りは3本入りきらず中途半端で、
仕分けに一苦労。貴重な昼休みを店頭で20分くらいムダにしたことでありました(*_*)
週明けには上がってくる予定ですが、どうなることやら。
(じつは褪色のひどいネガカラーのデジタル化をラボに頼んだ場合、どんな上がりに
なってくるか魂胆を確かめよう…というハラもありまして)


★2002年3月5日/春になったので行き詰まってみる

皆様おひさしぶりでございます。↑の題ですが、春になると仕事が忙しくなるので
その他のことが自動的に停滞するという意味でして(^^;)。
サイトに関していえば、表紙はいまのところ毎週更新励行しているものの、
日誌含め他のものはすっかりザセツしてます…(--;)
↓に載せた“おかいもの”の詳細報告も然り(O君スマン)。

でもまあ、正直なところ“忙しさ”というのはあまり理由にならん、と自分でも思います。
たとえば、何かに手をつけたらキリがない、しかしその割に飽きっぽい性格が思いっきり災いしてるのではないかと。
昨日の表紙更新では、さるオフ会でお会いした皆様方の影響をしっかと受け(^^;)
大井川の元西武351の写真を貼ろう!と思い立ったんですが、大井川も私鉄ドサ廻りの館でコンテンツ予告はすれど
いままで写真はぜんぜん取り込んでなかった(**;)んで、じゃあついでに、と
一気に100枚以上スキャンしてしまい、貴重な日曜日はみごとケシ飛んだのでした(T_T)。
まとまって撮っているものについては、フォトCDを外注しちゃおうか、とも折に触れて思うのですが、
費用もバカにならんし、そもそも目当ての題材の(たとえば大井川なら大井川だけ)スリーブを
ファイルから抜き取って整理するだけでも一仕事だったりするわけで。
多忙な本業の傍ら、週単位で続々と更新をされているwebmasterのみなさんはすげえなあ、と
いつも感嘆符つきまくり状態の今日この頃であります。

…ってここでクダ巻いてるヒマあったら早く寝ろよ俺。明日は朝イチ会議だ(T_T)


★2002年2月17日/おかいもの♪(うー!)おかいもの♪(いぇー!)
 
 

まあ、おかいものが好きなのは今に始まったことではない。

鉄道が好きなのも今に始まったことではない。
                                     だ ま っ ち ま う
にしても、今回買ったものに関していえば、人によっちゃァ開いた口がふさがる
かもしれねえなァ…。

   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
よりによって↓これである。

意見が分かれるかもしれませんがいちおうホンモノです。未使用新品です。
軌間は15吋です。れぇるは6kgです。天賞堂の蒸機買うよりは安い(はず)です。

顛末は追ってupしますので乞うご期待(??)
 


★2002年2月12日/朝だけ雪景色だった北陸

本題のまえにまず業務連絡兼オワビを。
数日前にアップした熊本電気鉄道車輛-1989年の本文に
いくつか誤記がありましたので、訂正の上アップし直しました。
具体的には5100形の入線時期や廃車年、無車籍車輛の前歴などです(たくさんあって我ながら鬱…)。
既にご覧の方がいらっしゃいましたら、改めてお目通しいただきますよう…<(_ _)>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、実を申しますと、連休の中日の10日にヨメと一緒に金沢なんぞに行っておりました。
せっかくの連休だしどっか行こう、という話になりまして、
だったら雪のあるところがいいのではじめは長野に行こうと言ったら
ヨメに「長野だけはイヤ(仕事がらみで何かトラウマがあるらしい)」と
泣かれ?とりあえず金沢になった次第。
麩まんじゅうがおいしく、イイ街でしたが、前夜の雪が日中に溶け出して
頭上に落ちてくるので油断できませんでした。
帰り、ムリヤリ高岡にて途中下車し、新湊市役所前まで路面電車にて移動。
市内に戻り際に雪が降りだし、積もりそうな気配でした。
もう少し居たかったなあ。

あ…油断していたらヨメに勝手に5行ほど打ち込まれてしまった(**;)ので話を戻します。
9日はすでに用事があったため、その日の晩の寝台『北陸』で出発することにし、
午前中は北陸鉄道各線を乗り鉄・午後は兼六園などを市内観光…と2人の趣味を折半、
その日のうちにはくたか+上越TECで帰ってくるという行程でした。
しかし、午後の観光で時間が余ってしまったので、急遽高岡にスッ飛んで
加越能鉄道にも乗ってきてしまい、結果的に鉄分70%くらいの旅になってしまい(^^;)。

それではお待ちかね?当日の写真をズラズラと晒してみましょう。

■ブルトレ『北陸』

 
▲独りだったら『能登』にでも乗ったかもしれないが、ヨメの手前寝台車を選択。
しかしB個室が売り切れで、ヤケになり?A個室奮発と相成った。それにしても乗車時間7時間半の列車では
チト勿体なかったかも。朝だって金沢到着から5分以上過ぎて車内清掃の兄ちゃんに叩き起こされ、余韻を楽しむ暇もなし…(^^;)
ちなみにA個室乗車は初体験でした。こんどは北斗星とかマトモな長距離便に乗りたいもんですねい。
左:上野駅 2002.2.9 右:A個室(オロネ14 701)車内  2002.2.9

 
▲雪を見たいというくらいだから、水上駅がすでに雪化粧なのにワクワク。しかし一旦目が醒めた魚津が
“雪化粧”レベルであったのにはチト落胆。左:水上 右:魚津 ともに車内より。
 

■北陸鉄道浅野川線

 
▲十数年ぶりの訪問となった浅野川線。電車が井の頭線になってしまったのはもちろん、あの猫の額のような北鉄金沢駅も
地下化でまったく別のモノになってしまっていた。アリバイ的に内灘まで往復乗車。
左:北鉄金沢(車輛は8912+8902)。右:車内より臨む、唯一の交換駅・三ツ屋での離合。

 
▲北鉄金沢には、片開き&ズン胴の井の頭線が!ナチカシネー。でも動いておらず残念なり。
で、乗車したほうの両開きスソ絞り型の車内でフト見上げると、そこにはファンデリア。これもナチカシネー。
そういや“くるり”のアルバムでこのタイトルのがあったな….
左:北鉄金沢(8812) 右:8912車内
 

■北陸鉄道石川線

 
▲石川線は訪問じたいは約4年ぶりだが、前回は水口建設に行った帰りにクルマで鶴来に立ち寄り、加賀一ノ宮まで
乗って帰ってきただけだから、全線を通して乗るのは十数年ぶり。
北鉄金沢からタクシーで野町に移動、乗ることになったのは8:51発の準急。ブザマな食パン面の元東急7000である。
ただし鶴来止まりなので、鶴来で1本待って次の加賀一ノ宮行きにのりかえた。
ひさびさに乗った東急7000だったが、走行中は窓枠がガタピシいって結構やかましかった。車体寿命は無敵?の
ステンレスカーといえど、寄る年波は現われるものだと実感。

 
▲ヨメ好みの駅舎でもある鶴来駅と加賀一ノ宮駅。ここに行くからということで石川線行きを許可されたという説も…(^^;)
もちろん、私にとってもイイ駅であります、ここは。

 
▲しかし、私の真の目的はこいつらだったのはいうまでもない(爆)。撮影に当っては多少の雪中行軍を余儀なくされたが、
このあと行った金沢市街は雪なんてほとんど解けちまってたから、ここは勢いこんで履いてきたスノーブーツが
唯一役に立った場所となったのだった…
左:鶴来駅外れに留置の旧型予備車群など。左からホラ1・モハ3761・モハ3751・モハ3752。3750形は状態良好だったが、3761は
塗装もガサガサでもうダメかも…という感じだった。右:木南製の凸電・ED201。このあと職員氏が屋根に昇って雪降ろしに勤しむ姿も見られた。
 

■金沢市内

  
昼前には電車で野町まで戻ってきて、しばし市内観光に精を出す。
野町あたりの寺町で買い物→竪町で昼メシ→兼六園を冷やかし→長町の茶店で抹茶&和菓子のおやつ…といった行程。
左:兼六園にて。つっかい棒で支えられるえらく危なげな松の木。このつっかい棒をどうやって立てたものかも気になってしょうがないです。
中:知ってる人は思わず苦笑いすること請け合い(^^;)の“APAホテル”。これがまた、わしらが市内をフラフラ歩いてるだけで
4軒くらい見かけたという密度の高さ。あの女社長の故郷なのかしら、金沢って。
右:北陸鉄道のチョロQなみにチンチクリンなバス。客が乗りきれるのか心配だ。香林坊にて。
 

■加越能鉄道

 
▲金沢観光のあと2時間くらい時間が余ってしまったのをいいことに?急遽金沢から特急(スノーラビットの『はくたか』だった)に
飛び乗って高岡で下車―そう、お目当ては加越能鉄道である。
残り時間を読みながら適当な途中駅(新湊市役所前)で下車してキックターン、米島口で降りて電車1本のあいだに
車庫をアリバイ撮影し戻ってきて、帰りの指定を取ってあった『はくたか』に間に合わせたのだった。
じつは最初は米島口で車庫だけ見て帰ってこようと思っていたが、
その先まで行って大正解。米島口−能町口間の鉄橋では、起動から1分間以上ノッチ全開の
軌道線型電車らしからぬ“魂の走り”を見せつけてくれた。また、併用区間でも、他の都市の
路面電車にくらべ信号が少ないので、ノッチのオン・オフを繰り返しながら結構な勢いで飛ばす。
いま北陸で“ツリカケ音”を堪能したければ、黙ってここへ行くべし。

左:六渡寺での離合。すれ違った7076の塗装を見て「下津井みてえだなー」とつい思ってしまうのは私だけではあるまい。
右:乗車した7071の車内にて。こういうタイプの停車ボタンて、もうヘタな地方のバスでも見られないんじゃないか。

“魂の走り”中の車内。
 

 
左:夕暮れ迫り雪がちらつきだした米島口の車庫にて。この写真ではわかりにくいが、奥に見える
除雪機械扱いの5022(もと射水線)が、いまだ健在なうえ塗装もピカピカなのには思わず笑みがこぼれてしまった私。
右:とっぷり日も暮れた高岡駅前に佇む7071。
先ほどまで居た金沢にくらべると“灰色の街”というフレーズがぴったりだった高岡は、
陽が落ちてネオンが灯りだしてからのほうがまだ華やいで見えたのだった。
 

■おまけ

 
左:帰りの『はくたか』を越後湯沢で降りた際に、車内清掃員が携える掃除機が
さいきんウチで“通販生活”で買ったのと同じマキタの充電式であることをすかさずヨメが発見。プロもご愛用たあうれしいねえ。
右:今回の旅行でシークレットに?履いていったスノーブーツ。現地の雪に根性がなかった(**;)ため、
役に立ったのは先述の鶴来での撮影時だけでした。やれやれ。
 

*写真は特記以外すべて 2002.2.10 Fuji FinePix40i


★2002年2月9日/なさけないはなし

いやあ、まいりました。
じつは今週の初めごろから、家でネットをやろうとしてもサッパリ繋がらず困っていたのですが、
結局のところ真相は、単にヨメが電話代払い忘れてたというすごく情けない理由でした(*_*;)
(ウチは共働きなこともあって、家賃は私・その他公共料金はヨメが払うことにしているのです)
しかし、意外だったのは、料金振り込んだらあっという間に復旧したこと。相手が
元お役所な会社のことだから、開通まで3日ぐらい待たされるもんだと思ってましたよ、ハハハ。

もひとつ情けないといえば、このところ鋭意工事中だった某ページが、
意外に難航してしまいたった2ページしかアップできなかったことでしょうか
今週末は連休ですが、旅行に行ってしまうので作業できないし、来週は仕事がちょっと忙しくなりそうな
気配だしで、この先の進捗が微妙です。このままズルズルと年度末に突入して
また何もできなくなっちまうのかと思うとウツ。いやですねい。


★2002年2月5日/ 遅 延

表紙を見たら、カウンタが妙に進んでいてコワくなったので一言…
じつは先週末はヨメにPCを占拠されていたので、更新記録欄で予告?していた更新は思いっきり遅れてます<(_ _)>
(そのかわり、作りかけだった模型の作業が多少進みました。いいんだか悪いんだか

今週末には上げられる…といいなあ……(^^;)
 


★2002年2月4日/ひさびさにクルマの話でも

去る土曜日、半年ぶりにBXを修理に連れて行った(前回の故障は輜重課参照)。
昨年の暮れぐらいからハイドロの高圧ポンプのベルトの“泣き”がひどくなっていたためである。
要はベルトの張りが緩んできて、ポンプのプーリーが
ときどき空回りを起こすためなのだが、とくに発進時や信号待ちのときに
頻発するもんだから、その都度周囲の晒し者になるので恥ずかしいったらありゃしない。
そして、脇に乗ることが多いヨメも「このクルマは本当に大丈夫なのか」
いわんばかりの怪訝そうなカオをすることしばし。
いちどはヘインズのマニュアルをひっくり返してみたものの、
ポンプのベルトの張りを調整するには、手前にある発電機のベルトなどを
外すなどしないといかんらしい(要するにシロウトには面倒である)と判明。
それなら素直にプロに診てもらおうと、練馬の行きつけの修理屋にBXを走らせたのだった。

この手の“不定愁訴”の常で、いざ修理屋に持っていったら
ベルトは何事もなく回っていてウンともスンともいわないという事態も懸念されたが、
店の前にたどりついて、ヤードに突っ込むべく切り返しをしていると、
ベルトはみごとにキュルキュルキュル!と泣きはじめたので
オヤジさんも出てきて開口一番「この音?」と事態を了解してくれたのだった。

しばらく預けになるかと思いきや、オヤジさんは
「ちょっとめんどくさいけどね、今日直るよ」と修理を開始。柄の長いソケットレンチを奥深く突っ込んで
しかるべきボルトを補機類にジャマされながら四苦八苦緩めていた。
ヘインズのマニュアルにあるように、わざわざ発電機のベルトを外したりせずとも
出来るようではあるが、どのみち自分ちにあるレンチの柄の長さではムリらしいということが
わかりましたです(^^;)。


▲わがBXを相手に作業中のオヤジさん。

日の暮れる前には修理完了、とりあえず目立った不具合は
帳消しになったので一安心。
ただ、6月に車検が控えているので、金は確実に飛びそうなのが鬱である(--;)


★2002年2月1日

↓…と思ったけどムリヤリ更新しました(^^;)。(ここで掲示板みたいなマネしてどーする)


★2002年1月31日

今晩中に表紙更新…のつもりだったんですが、
ひょっとしたらムリかもしれません。月末のバカっ(T_T)


過去ログ目次へもどる
 

◆作業部表紙へ