下津井電鉄 “赤いクレパス号”ことモハ1001 阿津 1987.3  SPF  KR

間に合った現役ナロー

    
        
<以下、鋭意建造中です>

太平洋炭鉱

西武鉄道山口線
<別頁>

東洋活性白土

黒部峡谷鉄道

建設省立山砂防軌道

水口建設小口川軌道
<別頁>

松本建設

近畿日本鉄道狭軌線

下津井電鉄

(★印は廃止)

     
非電化軽便にも森林鉄道にも間に合わなかったとはいえ、何とか両の手が
いっぱいになるくらいの“現役”にめぐり合えたのは幸運であったかもしれない。
しかし、訪問当時には、残るべくして残ったかに見えた彼らも
その後半分が鬼籍入りとは…やんぬるかな、である。
     

◆サブロク未満写真館 表紙へ

◆出版局表紙へ

◆作業部表紙へ