工作局・番外編

カルタゴ '05新春オフ会

2005年1月2日(日)、畑中シェフ主催の恒例カルタゴサロン新年会が開催されました。
(ホントは去年もあったのですがレポートしそびれました^^;)
簡単ながら、会場の様子をごらんいただきたいと思います。
(例によって撮り漏らし多数、そのへんはご容赦ください<(_ _)>)


準備のようす。12mmと9mmを各2本、16.5mm1本のエンドレスを敷きました。
 



まずはダックスから


9mmの線路を、レールクリーニングも兼ねて最初に走らせたのは
オノデラさんのダックス改。足回りはなんとKATOの9600利用のDタンクです。


珊瑚の初代ダックスの競演。手前がオノデラさん、奥が長者丸作(未塗装…)
2輛ともだるまやギヤ&イモンモーター化というほぼ共通スペックなので、
重連運転させてみたら息もピッタリでした(^^)
 


オノデラさんの新作ロコ。左側だけ見るとシェイかな…と思いきや、反対側にもシリンダはなし。何じゃこりゃ?…
“ダンカーク”という形式のギヤードロコなんだそうです。厳密にはダンカークもどき、とおっしゃいますが、OLCO節、唸ってます!(^^)
 



林鉄系目白押し


くりしまさんの新作・SeaLion工房の木曽関電KATO3t(左)と高塚営林署の協三5t(右)。
実物はこの画像より小さい(!)のに、このカッチリした仕上がり!
なお、茶+緑という関電3tのカラーリングは、西裕之さんのお話をもとに再現したそうです。


酒井F4・3台揃い踏み。一番左は長者丸のMW製素組み、真中は近藤さんのMW製にいろいろ加工中、
そして一番右のU太さんの作品は、なんと約20年前に、実機を徹底採寸し車体をエッチング特注して挑んだという渾身の作!


左:神戸手前さんの、乗工社エコノミーコッペル改造の“いずも号”タイプ。じつは12mm!
後ろにはムさんがお持ちの、なつかしいつぼみ堂BLWの姿も…


左:神戸手前さんの夢屋の屋久島電工タイプMC、右:近藤さんが製作中のMWやまばと号客車です。
 


8100・(十人中)六人六色!


みのるさんの音頭取りで進行中の、ワールド工芸8100“十人十色”競作ですが、
この日は5+1輛が集まりました!同じカマなれど、作者の個性がちゃんと滲み出るのが競作の愉しみです。


▲はNの8100として組まれた4輛。左から長者丸、みのるさん、矢島さん、アララギさんの作品。
右端に見えるのは、テーマにちなんでアララギさんが手がけた寿都の給水塔兼詰所。

いっぽう▼は番外ネタ。左はオノデラさん作のHOナロー化改造機、
右はシェフにはひさびさの車輛作りだったという12mmの8100(MW製)です。


 


アレ?動輪の数が?…そう、8100ではありませんが、さらに番外ということでご紹介。
矢島さん作・モデルパワーのプラ製BLW2-8-0(HO)の改造機です。
キャブの新製や適切なディテーリングで、ちゃんと日本の炭鉱ガマに化けています(^^)
 


軽便に地鉄に…


軽便ネタでとくに注目のマトだったのは、服部さんの尾小屋シリーズです。
キハ1はイモン製ですが、連なる客車たちはすべてスクラッチ!


これも服部さんの作品。16番の小松線!車内に到るまでしっかり作り込まれています。
(じつはTMSコンペ入選作!)


ムさん作の花巻風パイク。もちろんお得意の架線集電対応です。


今回は12mm作品をすっかり撮り漏らしてしまって…遠目ですみませんが簡単にご紹介。
画面中央を快走するは、horokanaiさんのキハ07+キハ05×2!


一番外側のカーブを走行中は、近藤さんの4110+シェフの炭鉱古典客貨車。
中程の蒸機は、はぎちゃん作のイモンC55。周りを固めているのは
服部さんの尾小屋軍団&小松線と、U太さんの頸城DC92先頭の軽便列車。赤い屋根のボハフが洒落てます!
 



いらないキットでBingo!


お楽しみはビンゴ大会。賞品は何かというと…参加者全員が持ち寄った“不要のキット”であります。
5つ孔が空いたはいいけど、さてどれをいただいてこうか…?と悩むのもまた一興(^^)。



体力勝負?のコーナー


9mmの線路をゆく黒い車列はナンダ…?これ、ワールド8100の三重連による
セキ9輛+客車4輛の石炭列車です(^^) でも、この写真の状態はまだ序の口でした。
いつのまにかもっと多量のセキやHOnの運材車が沸いてきて車列はどんどん
長くなってゆき、さらには単機で何輛牽けるか?という“拷問大会”に…(^^)

8100単機でのレコードはセキ37輛+客車4輛。
そして最大編成はセキ37輛+乗工社プラ運材積車25輛で、これはさすがに
重連仕業でのクリアとなりました。ちなみに同じものを私の8100単機で牽かせたら、
空転しまくった挙句メインロッドが吹っ飛びました(^^;;)。よいこはマネしないでね〜
 


'04年の新年会のときに旋風?を巻き起こした『手回し』運転会も、ひそかに開催…(^^)
手回し発電機をレールにつないで機関車を走らせるアソビ。
コアレスや低電圧モーター機と、有鉄芯モーター機の違いを身を以って実感できます。



さあて今回の『食』の方は…


模型もよいが、カルタゴサロンオフ会の醍醐味はやはりシェフの手料理なわけで(^^)。
お昼はトン汁、夕はお雑煮。晩は酒がすすむ海鮮オードブルに加え
矢島さん差し入れの自家製野沢菜も…今回もごちそうさまでした<(_ _)>

▼今回参加の方々は以下の通りです(順不同)
シェフみのるさんムさん、はぎちゃん、horokanaiさん川田さん松村さん、服部さん、矢島さん、えふさん、
近藤さん、くりしまさん、オノデラさん、神戸手前さん、Myabiさん、AMAHA師匠、アララギさん、U太さん、長者丸

…というわけで、皆様おつかれさまでした!また来年もぜひ!


◆工作局表紙へ

◆作業部表紙へ