工 作 局

はるかなる味噌汁軽便
<HOn2 1/2>


 
長年自室を占拠していた、900×700mmの非電化軽便レイアウトの在りし日のひとコマ。
 

  ツメ襟を着て学校に通っていたころ、私はどうしたものか 
やたらと“非電化軽便”にのめりこんでいたものだった。
実物を見られぬ悔しさを取り返さんがごとく資料を読み漁り、
乏しい小遣いを乗工社や珊瑚のキット購入に充て、
思い描く理想の軽便をカタチにせんとレイアウトにも手を染めた。
ここでお目にかけるのは、ホコリを被って久しくも、
依然捨ててはいない“夢”のこれまでの足跡である。


Now Under Construction!

◆ナローへのきっかけ

◆習作パイク『東産鉱業』

◆わたしの軽便『上井鉄道』と車輛たち

◆未完にして果てたレイアウト
 


◆工作局表紙へ

◆作業部表紙へ